活躍するまでが教える側の責任

仕事内容を教えていただけますか? 

小 榎私たち『運営管理課』は、教務社員のサポートをしています。現場の教務社員と受講生が、より良いコミュニケーションがとれるように、講習資料の作成やマニュアルの作成などをしています。また中途社員・新卒社員の研修も担当しています。

新卒社員のみなさんに関しては内定者研修の時から携わっています。一社会人として、総合資格の社員として活躍できるように研修を組んでいます。

相 馬『営業研修課』は主に営業職の研修を企画・運営しています。会社全体の営業成績が上がるよう、日々工夫をしています。もちろん、新卒社員や内定者の研修も私たちの担当です。

小 榎特に新卒社員のみなさんに対しては、多くの社員を育ててきた今までの経験から誰がいつどの壁にぶつかるか概ね予想できます。未然に防ぐためにフォローをすることを意識しています。

相 馬あえて経験させることもありますよね?

小 榎そうだね。失敗という経験も成長する上では大切だからね。

研修をしていくうえで気を付けていることはありますか?

齋 藤業務のイメージが沸かないと、知識を教えても無駄な研修になってしまうことが多いと感じています。まずはイメージを掴んでもらうために、実際に私自身が現場で働いていた時のロールプレイングを見てもらうようにしています。

小 榎確かに私たちが一方的に教えるだけの知識研修では、身に付かないからね。結局のところ、研修で学んだ内容を、お客様に対してきちんとアウトプットできているかが大事です。 私は教えるというよりは研修までに予習をしていただき、当日はアウトプットに焦点を当てた研修を行うように心がけています。

秋 田営業職は建築士試験の対策講座を販売するお仕事です。当社は無形商材を扱っておりますので、商品を売るというよりかは、『お客様の気持ちを固めさせる』、『背中を押す』仕事だと考えています。お客様の置かれている立場や資格取得の背景、プライベートの状況含めて、しっかりと理解した上で提案するよう意識を持っていただくことに注力しています。

 

相 馬相手の立場に立って考えることって、その人の立場によって変わることだからね。 教務職なら受講生、営業職ならお客様、研修課としては研修生。研修生は特に課長職、新人と色々違いはありますが、自分自身とその相手ではフィールドが違います。私たちでいえば研修生と同じ目線に合わせて研修することが大事だと考えています。

齋藤総合資格の仕事は『人を動かす仕事』なので現場に立つ前にしっかりと準備しておいてもらいたいのですよね。

秋 田まあわかっていても実際に結果に繋げてもらうことは難しいですけどね・・・。

小 榎そうだね。もちろん基本も大切だけど、できる限り研修の中で業務レベルまで伝えていかなくてはならないよね。

活躍する新卒社員を育成するうえで大切なことは?

小 榎もちろん研修も大切ですが、研修は毎日できるわけではないからこそ、それ以外でケアをして行くことも大切だと考えています。

相 馬結局PDCAですよね。研修を開催して終わりということはなくて、研修後にチェックを行うことも必要です。ちゃんと実践できているのかのチェックは研修生本人だけにではなく、上長や同僚にも確認し、研修生にフィードバックしています。

秋 田毎年新卒を育成している支店長が「教える側が新人の長所をしっかりと見つけてその個性を伸ばすことが一番結果につながりやすい。その上司と新人はまた違う『人』で違う『良さ』があるからこそ、しっかりと一人一人できない部分を理解して、長所を伸ばしていく方が若手も定着していくと考えている。」と話していてまさにそうだなと感じたのを覚えています。

小 榎私も新人が出来ないのは教える側の問題だと考えています。部下が育たないときは教える側も自分の教え方を改善する必要があると思います。研修も同じで、それぞれ個性があるので一人一人に合わせて研修はすることを意識しています。

相 馬そうなってくると新人に対してだけではなく、研修する側の研修も必要になってきますので、そちらにも最近は特に力を入れています。新人の特性も年々変わってきていて、「俺について来いっていうスタンス」でやる研修は今はなかなか難しいですよね。

齋 藤私は研修側や育成担当者は新人に対して、しっかりと見ていることをアピールするべきだと思います。もちろん、いい面も悪い面も両方。 見ていることが伝われば新人は仕事に向き合う姿勢を意識してくれるのは勿論、困ったときや壁にぶつかった時に頼られる関係性をつくっていくことも大事ですよね。

今後のキャリアプランは?

齋 藤教務職として現場に復帰したいという気持ちはあります。実際に仕事をしていて楽しかったのもありますが、教える側として働いてみて気づいたことを活かしていきたいと考えています。現在は、出産し育児もありますので時短ですが、フルタイムで働けるようになったときは教務職に復帰したいですね。

小 榎研修担当の仕事は結構好きだから今後も続けていきたいです。何も知らない新人が少しずつ、成長しているのを見るのがやりがいにはなっています。 10年間研修担当として指導をしてきて、最初のころに研修を担当してきた社員が、今は指導者として研修に参加し、新たな新卒にノウハウやスキルを伝えてくれています。 こういったサイクルを今後もっと繋いでいきたいですね。 最近は研修だけでなく採用の協力もしていますが、入社して仕事ができるようになるだけではなく、活躍できるというところまで携わっていきたいです。

秋 田キャリアプランって結構難しいですね…。今年で会社に入社して丸十年。営業職だった当時の私は、他の研修課の方に比べるとトップセールスではなかったのですが、ここまでやってこれたのは『人』に恵まれているからだと感じています。産休・育休を取得できたことも感謝していますし、そう感じているからこそ、私と同じように思えるような社員を増やしていくことが、会社に対しての貢献であると考えています。研修課としての立場をしっかりと活かして、会社全体に貢献していきたいです。

小 榎育休産休をしっかりとる社員を増やしていくというのは、女性社員の定着にはつながってくるよね。

齋 藤入社したころに比べたら圧倒的に増えたと思いますけどね。特にここ4、5年で。

秋 田歴代の先輩方に感謝ですね。今後も、さらに女性として働き続けやすい環境にしていきたいです!

相 馬私自身、ジョブローテションでさまざまな職種をこなしてきましたが、今までやってきた仕事は全て楽しめています。その中で結果を出してきた自分だからこそ気づく点は多いですし、多角的な視点を持っている自分の考えをもっと研修に反映できるようにキャリアアップをめざしていきたいです。

entry