『受講生の合格のために』私たちができること。

全員で創り上げた今年度の船橋支店

どんな仕事をしていますか?

 森一言で表すと、入学を決めていただいた受講生の皆様を合格までナビゲートする仕事です。そのために教室運営や受講生サポートをしています。私たちにとっては、受講生の『合格』は一番のゴールですが、受講生にとっての『合格』はゴールではなく建築業界でのスタートラインになります。そこでアンマッチが起きないように心がけています。

船橋支店での仕事はいかがですか?

髙 橋出浦さんがムードメーカーで面白いことを言ってくれて、森教務長がよく突っ込んでいますよね。

 森高橋さんもよくボケてるよ!

出 浦森教務長、突っ込み大変ですね!(笑)では真面目な話で、仕事面では森教務長から見て髙橋さんはどう見えていますか?

 森 何事も前向きに明るく頑張ってくれています。「やってみるといいよ」と伝えたことに対してはとりあえず自分なりにやってみようと前向きに行動してくれるし、その素直さと向上心は一緒に働いていて特に感心しますね。

髙 橋恥ずかしいです・・・。

出 浦教務長にそんなこと言われたら嬉しいね。よかったね!ちなみに髙橋さんに期待していることはありますか?

 森 高橋さんは、二級建築士学科試験の合格発表の時に担当の受講生が合格したことが嬉しすぎて泣いてたんですよ!そう思えるのって教室マネージャーとして本当に大切なことです。本気で向き合ったからこそ生まれる感情だと思います。でも二人に言えることだけど、優秀な教室マネージャーだからこそ会社からは今まで以上に高い合格率・高い出席率などを求められるようになります。そうなってくるとどこか「仕事だから」って気持ちが出てきてしまいがちですが、今の『受講生のために』という心はずっと持ち合わせていてほしいです。受講生全員をしっかりと合格に導ける教室マネージャーになってくださいね!

髙 橋はい!森教務長は本当に仕事が丁寧で、例えば、今担当している200名以上の受講生一人一人の顔と名前を全部覚えているんですよ。そんな森教務長からは学ぶべきことがたくさんあります。最初の上司が森教務長で本当に良かったです!いつかは森教務長のような人になりたいです。

出 浦確かに森教務長は本当に何事にも丁寧で僕も尊敬しています。しっかりと見て、真似て、僕は追い抜きたいと思います! 髙橋さんも入社1年目から教室を持つことは大変だけど、その分やりがいもあるよね!

髙 橋今年は本当に歳が近い出浦さんには、いろいろ相談に乗ってもらっていました。入社してから今まで、やっぱり大変なこともありましたけど、出浦さんが支店の雰囲気を作ってくれたり、受講生の方とのコミュニケーションの取り方を見本で見せてくれたり、仕事を楽しむことの大切さを教えてくれました。来期は出浦さんのように周りを見て行動し、受講生と向き合っていきたいです!もう一つ、支店の雰囲気を明るくできる存在になることも目指しています!

出 浦上手いな~(笑)僕たちも髙橋さんのような気配りができる後輩と働けて助かっています。 来期もいつでも頼ってきてね。

受講生に信頼され、愛される教室マネージャーに

忘れられない仕事はありますか?

出 浦僕は1.2年目の時に不合格となってしまった受講生の方を3年目には必ず受かってもらおうと必死にサポートして、合格していただけたことです。難易度の高い国家資格ですので、そういった受験歴を持つ方が多い中、特に思い入れのある受講生でした。その方は合格した後に、学院のサブ講師として新しい建築士を輩出するための協力をしていただいています。

髙 橋あの先生と出浦さん仲良しですもんね!私は仕事が忙しく、通学が難しい環境の受講生が泣きながら勉強をしている姿を見て本当に合格していただきたいと思いました。私に何かできることはないかと考え、カリキュラムをこなすためのメンタルケアや補講対応、出来る限りのことをし、その方と向き合いました。試験が終わったあとに「髙橋さんが担当でよかった。」といわれたことは忘れられません。こういった経験を入社半年の私でも積むことができるのはモチベーションになります。

出 浦横で見ていた僕もあの言葉はジーンときたなあ。森教務長のエピソードが気になります!

 森 6年半で2000名以上の受講生を担当してきたので、忘れられない仕事って言われるとたくさんあるんだけどな…1つだけ選ぶのなら沼津支店から異動する際に、受講生から送別会を開いてもらえたことですかね。その当時、一人の受講生に「みんな忙しいから、1対1になっちゃうけどいい?」と呑みに誘われました。でもお店に行ったら担当教室の受講生が全員いて、サプライズでアルバムをいただいたり、ムービーを準備してくれたりしていて、驚きました。その時の受講生とは今でもつながりがあり、今後は講師として登壇してくださる予定です。

髙 橋今めっちゃ鳥肌立ちました!何ですかその話!絶対嬉しいですよね。

 森 私が真剣に向き合ってきたことがちゃんと受講生に伝わっていたんだととても嬉しかったですね。

出 浦僕たちもそういう「感謝される」を超えた「受講生から愛される教務」になりたいね。

中小田祐×阪口亮介

今後のキャリアプランは?

 森 教務長として課員を持ったのが実は今期がはじめてだったので、後輩が頑張ってくれていること、成長してくれる姿を見ることがやりがいだと改めて二人に気づかせてもらいました。いずれはエリア長としてエリア全体の教務社員を育成してみたいと思っています。これから会社をよりよくしていく一人として頑張っていきたいです。

出 浦受講生の皆様が、資格取得に挑戦し、自分自身の力で人生を変えていく姿に魅力を感じ、僕自身もそういった経験をしたいと考えるようになりました。自社で扱っている資格であれば、教材も使えるので自己啓発のために資格取得にチャレンジしたいです。

髙 橋私はお二人の様な素敵なキャリアプランはまだありませんが、個人的にはザ・キャリアウーマンみたいなクールな女性になりたいと思っています!

出 浦この流れでその答えは高橋さんらしいね(笑)

髙 橋これから担当受講生が増えていくと思いますが、人数が増えてもしっかり一人一人と向き合える教室マネージャーになっていきたいです。

entry