太田宏彰

Hiroaki Ota

太田 宏彰

営業部 営業研修課 課長

平成19年入社

営業職で入社し、人材開発課を経て、現在営業研修課・課長。3才の女の子の父親。娘と接することでいろいろな発見がある日々。家族に支えられて仕事ができていると実感しており、なによりも家族を大切にしている。オフの日はほとんど家族サービスだが、たまにある1人の時間にはビジネス書などを読み、自己研鑚に励んでいる。

営業職として5年間勤務した後、ジョブローテーション制度を活用し人材開発課へ異動。
その後、営業職社員の研修開発・登壇を担当する営業研修課へ。
課長に任命され、日々先頭に立って営業職のノウハウ集約・体系化を進めている。

研修の力、営業の力、会社の力

若いうちから成長を期待される環境なら自分のスキルが向上する。そう考えていた自分にとって総合資格の営業職は魅力的に映り、入社を決意しました。横浜支店で営業を5年経験したのち、人材の採用・育成に関心をもち本社社長室人材開発課へ。ここでは大学での会社説明会運営や新卒・中途の採用に携わりました。現在は新設された営業研修課で課長をさせていただています。
弊社がご提案しているのは、高品質・高付加価値な講座。通販のようにネットやカタログを見て申し込むものではありません。お客様と直接会話し、人生に寄り添い、効果的なご提案をできなければ成約にはつながらないでしょう。営業社員の力をつねに高めなければ、会社の発展はありえません。新卒・中途社員の入社時研修だけではなく、配属後の研修も充実しているのが弊社の特徴・強みです。そして、それらのノウハウを集約・体系化し、全営業社員に定着させるのが私の現在の仕事です。

太田宏彰

知見を集め、磨き、共に変わる

この仕事のむずかしさは、集約したノウハウを体系的にまとめタイムリーに指導すること。つねに時代と業界の動向に合わせ更新をはかり、全商品・全販路においてより優れたマニュアルをつくることを目標としています。レベルの高い営業技術を開発し現場に定着させることができれば間違いなく会社の売り上げにつながります。それが大きなやりがいといえるでしょう。
意識しているのは、常に現場の目線を忘れないこと。研修で教えたことが現場で使えなければ意味がありませんから。また、研修で話すためには自分自身の知識や技術が必要不可欠です。私が売れる営業にならないといけません。ですから準備は怠らず、常に上を目指し続けています。
入社を考えている方に伝えたいのは、今ご自身に備わっていない知識やスキルがあることを前提にあきらめないでほしい、ということ。たとえば建設業界の知識がなくても、営業が未経験でも心配いりません。研修制度が充実しているだけではなく、契約までのノウハウをまとめたマニュアルも整っています。共に成長していきましょう。安心して弊社にお越しください。

太田宏彰

entry