眞田美紀

Miki Sanada

眞田 美紀

営業部 学校法人課

平成25年入社

高校生のときから建築に興味をもち、建築学科へ進学。現在はその学びを活かし、本社営業職として多忙だが充実した日々を過ごしている。関わった受講生が業界で活躍することが何よりのやりがい。趣味は、映画観賞。オフの日はできるだけ仕事のことを考えず、リフレッシュするように心がけている。

大学で建築を学び、建物をつくる人をサポートする側へ。
常にアンテナを張り、学校・企業と幅広いお客様を対象に関係構築に励んでいる。

建物をつくりたい、その夢を託し支える

高校生の頃、自分の理想の家をつくることを夢見て、建築士になろうと建築学科へ進学しました。しかし学ぶ立場になってみて、改めて建築のむずかしさに直面。夢を諦めていたころ、大学の研究室担当だった総合資格の方と話す機会があったんです。いろいろ迷っていた私の相談にのってくださり、総合資格への就職が進路として有力になりました。
建物をつくる側ではなく建物をつくる人のサポートをする側として、建設業界で活躍する人を輩出してきた総合資格の事業は私に合っていると思い、入社を決意。営業職として配属されました。
当時同居していた姉が不動産会社の営業をしており、営業は大変だけどやりがいがあると聞いていたのも総合資格に決めた理由のひとつです。
いまの仕事は、学校と企業に対する渉外活動。前者ではイベントの立ち上げや協力企業としての運営サポート、教授の先生との関係構築など。一方、後者では資格取得の提案や重要性の啓蒙、研修の運営などを行っています。

眞田美紀

アンテナをはり、人と人とをつなぐ仕事

私が仕事で意識しているのは、常にアンテナを張ることです。例えば、学校で先生たちが話している何気ない会話の中にもヒントがあり、それが渉外活動のプラスになることも少なくありません。また弊社は風通しがよい社風なので、何気ない雑談の中で行われた社内での情報交換が次の展開につながることも多くあります。
今後の目標は、仕事全体を把握し後輩を育てること。私は入社して早い時期に色々なことにチャレンジさせていただき、それが自信につながりました。私自身4年目ですので、まだまだ学ぶべきことは沢山あるのですが、自分が学んだことを少しずつ後輩に継承していければと考えています。

眞田美紀

entry