スクール事業

受講生一人ひとりの理解度に合わせた
“真の個別指導”で確実に合格へ導く

当学院は、建設関連をはじめとする各種資格試験のリーディングスクールとして、毎年多くの合格者を輩出しています。当学院の特長は、創業以来、一貫して守り通してきた「ライブ講義」のスタイル。近年では、それをさらに発展させた「インタ・ライブ講義」により、受講生一人ひとりの理解度に合わせた“真の個別指導”を実践しています。さらに当学院では、計画的なカリキュラムに基づいて構成された、1週間単位の学習サイクルを、本試験日まで継続的に行う「合格サイクル+継続学習」を実践しているため、どなたでも無理なく、本試験日までに合格レベルの実力養成が可能です。各種資格試験を確実に攻略するために考案された、当学院独自の学習システムです。

インタ・ライブ講義 受講生一人ひとりの理解度に合わせた“真の個別指導”を実践

当学院が対面指導型の「ライブ講義」にこだわりつづけてきた理由、それは、受講生の方々がしっかり理解できているか、表情を見て確認できるからです。この理解度の確認というプロセスをより正確に実施し、それぞれの理解度に基づいた適切な指導を行えるようにしたシステムこそ「インタ・ライブ講義」。このシステムにより、受講生一人ひとりに対する“真の個別指導”を実践しています。

ライブ講義

ライブ講義の利点は、講師が受講生の表情を見ながら、きちんと理解できているかを確認できること。そのため、状況に合わせた柔軟な指導が可能です。また、受講生も疑問に思っていることをいつでも質問できるので、その都度、理解不足の部分を解消できます。

メリット
  • 受講生一人ひとりの理解状況を確認しながら、柔軟な指導ができる
  • 講師の熱意がダイレクトに受講生に伝わる
  • 受講生からの質問にも即座に対応が可能

インタ・ライブ講義 interactive(双方向的な)+live(生の)

「インタ・ライブ講義」とは「ライブ講義」の利点をそのままに、さらに進化・発展させた講義システムです。「講義理解度チェックポイント」「講習カルテ」などで受講生一人ひとりの理解度を正確に把握し、理解不足の箇所があれば当日のうちに追加指導を行うことが可能となりました。同時に、受講生からの意見や要望も取り入れるので、講義のたびに、講義自体がどんどん進化していきます。“真の個別指導”を実現するための指導システム、それがインタ・ライブ講義です。

メリット【ライブ講義】の良さに加えて…
  • その回の講義で絶対に理解しなければならない重要項目をより明確に、わかりやすく伝えられる
  • 受講生の理解状況をさらに詳細に把握することができるようになり、理解不足の箇所は当日のうちに追加指導することが可能に
  • 講義への意見・要望を随時取り入れるので、講義自体が常に進化

合格サイクル + 継続学習 効果的な学習サイクルの継続こそ合格への一番の近道!!

  • 試験を確実に攻略するための学習システム

「合格サイクル+継続学習」とは、各種資格試験を確実に攻略するための学習システムです。週ごとに設定された学習項目を、インタ・ライブ講義で講習日の当日中に完全に理解し、さらに徹底したアウトプットトレーニングを繰り返すことで、その週のうちに確実に得点力に結びつけます。計画的なカリキュラムに基づいて構成された、この1週間単位の学習サイクルを、本試験日まで継続的に行うことにより、どなたでも無理なく合格レベルの実力養成が可能です。新傾向問題、応用問題、周辺関連事項など、様々な難問にも対応した、確実に合格をめざすための学習システムです。

講習当日の完全理解

インタ・ライブ講義を中心とした学習により、本試験を突破するために必要な知識を講習当日に完全に理解し、独力で問題を解けるレベルに到達

1週間単位の
アウトプットトレーニング

講義の復習により知識を記憶に完全定着させるとともに、その週のうちに学んだ知識を得点に結びつけるアウトプットトレーニング

計画的な継続学習

無理なく段階的に実力を養成できるよう、綿密に計画されたカリキュラムに基づき、本試験日まで継続的な学習を実践

合格レベルの実力完成

各種資格試験の出題範囲において、応用問題や周辺関連事項を含めた本試験レベルの問題で、確実に合格点を取れる実力を完成

オリジナル教材 毎年改訂

当学院の教材は、実際に教壇に立つ講師陣および講習開発スタッフによる執筆。講義の現場を肌で感じている者だからこそ、実際に受講生が苦手としがちなポイントや、理解しづらい箇所を、わかりやすく解説することができます。また、最新の法改正や、学会規準の改定に対応するために、教材すべての“毎年改訂”を実施。試験のことを最優先に考えて作られた“合格”直結型の教材です。

優秀な講師陣

  • 厳しい採用基準をクリアした優秀な講師陣
  • 定期的な研修で、全国どこでもハイレベルな講義を展開

当学院では、全国どこの教室でも変わらないハイレベルな講義を行えるよう、厳しい採用基準をクリアした講師のみが、教壇に立つことを許されています。さらに、登壇前に模擬講義を繰り返してプロとしての実力を磨き、また最新の試験情報を共有するための会議や、最良の指導方法を学ぶための研修も定期的に開催。「受講生全員合格」を目標に、日々研鑽を重ねています。

受講生サポートシステム

  • 「カウンセリング」で最適な学習法をアドバイス
  • 講習日以外でも使える「自習室」「映像ブース」

当学院では受講生一人ひとりの実力や学習状況に合わせた、様々なサポートシステムをご用意しています。個々人の弱点や問題点を早期に発見し、克服のための学習方法をアドバイスする「カウンセリング」をはじめ、「自習室」や「映像ブース」など、自習用のシステムも充実。インタ・ライブ講義のメリットを最大限に活かす、受講生一人ひとりに対応したサポートを実践しています。

開講講座のご紹介

1級建築士

建築系資格の最高峰である「1級建築士」。試験の難易度は非常に高く、独学での合格は難しいのが現状です。
当学院では“受講生全員合格”を目標に、インタ・ライブ講義による一人ひとりのレベルに対応したきめ細やかな指導で合格へと導きます。

1級建築士コース
  • 1級建築士総合セット
  • 1級建築士学科対策講座
  • 1級建築士ビクトリー総合セット
  • 1級建築士ビクトリー学科対策講座
  • 1級建築士パーフェクト総合セット
  • 1級建築士パーフェクト学科セット
  • 建築士サポートアップ合格セット
  • 建築士新卒内定者特別コース※
  • 2級建築士合格力養成学科講座付1級建築士総合セット※
  • 2級建築士短期必勝学科講座付
    1級建築士総合セット※
  • 1級建築士短期必勝総合セット※
  • 1級建築士短期必勝学科講座※
  • 1級建築士設計製図
    完全合格対策講座
  • 1級建築士設計製図セット
  • 1級建築士設計製図講座

  • ※アウトプット強化講座付設定

2級建築士

2級建築士は、戸建住宅のプロフェッショナル。1級建築士に比べて、扱える建物の規模や、用途、構造等に制限がありますが、戸建住宅程度の規模であれば、ほとんどの業務が可能です。建設関連の様々な職種において需要が高く、就職や転職の容易さから、非常に人気の高い資格です。

2級建築士コース
  • 2級建築士総合セット
  • 2級建築士学科講座
  • 2級建築士パーフェクト総合セット
  • 2級建築士合格力養成総合セット
  • 2級建築士合格力養成学科講座
  • 2級建築士短期必勝総合セット
  • 2級建築士短期必勝学科講座
  • 2級建築士設計製図セット
  • 2級建築士設計製図講座
  • 2級建築士マスターコース
  • 2級建築施工管理学科講座付
    2級建築士パーフェクト総合セット
  • 2級建築施工管理実地講座付
    2級建築士パーフェクト総合セット

建築施工管理技士

建築工事の施工管理業務に携わる方々にとって、1級・2級建築施工管理技士は必須の資格です。
1級を取得すれば「監理技術者」として、2級を取得すれば「主任技術者」として、業務を行うことが可能になります。

1級建築施工管理技士コース
  • 1級建築施工管理総合セット
  • 1級建築施工管理学科講座
  • 1級建築施工管理短期総合セット
  • 1級建築施工管理実地講座
2級建築施工管理技士コース
  • 2級建築施工管理総合講座
  • 2級建築施工管理学科講座
  • 2級建築施工管理実地講座

土木施工管理技士

1級・2級土木施工管理技士の資格は、河川、道路、橋梁などの土木工事において必要不可欠です。1級を取得すれば「監理技術者」として、2級を取得すれば「主任技術者」として、業務を行うことが可能になります。

1級土木施工管理技士コース
  • 1級土木施工管理総合セット
  • 1級土木施工管理学科講座
  • 1級土木施工管理実地講座
2級土木施工管理技士コース
  • 2級土木施工管理総合講座
  • 2級土木施工管理学科講座
  • 2級土木施工管理実地講座

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は、冷暖房設備工事、下水道配管工事など、管工事に関する配管設備工事全般における施工計画作成、作業指示、安全管理を行います。昨今では急速に管工事需要が高まり、資格取得の価値は極めて高くなっています。

1級管工事施工管理技士コース
  • 1級管工事施工管理総合セット
  • 1級管工事施工管理学科講座
  • 1級管工事施工管理学科短期集中講座
  • 1級管工事施工管理実地講座
  • 1級管工事施工管理実地重点対策講座
2級管工事施工管理技士コース
  • 2級管工事施工管理総合講座
  • 2級管工事施工管理学科講座
  • 2級管工事施工管理実地講座

構造設計1級建築士

一定規模以上の建築物の構造設計については、「構造設計1級建築士」が自ら設計を行うか、法適合確認を行うことが義務づけられています。
1級建築士の上位に位置するスペシャリストの証であり、構造の世界でのキャリアアップをめざす人間ならば、ぜひとも手に入れておきたい資格です。

構造設計1級建築士コース
  • 構造設計1級建築士総合対策講座
  • 構造設計1級建築士構造設計対策講座
  • 構造設計1級建築士法適合確認対策講座

設備設計1級建築士

高度な専門能力を必要とする一定規模以上の建築物の設備設計に関して、「設備設計1級建築士」が自ら設計するか、法適合確認を行うことが義務となっています。設備設計の業務を行う上で、スペシャリストとして活躍するならば、必要不可欠な資格です。

設備設計1級建築士コース
  • 設備設計1級建築士総合対策講座
  • 設備設計1級建築士設計製図対策講座
  • 設備設計1級建築士法適合確認対策講座

建築設備士

「建築設備士」は、建築設備全般に関する知識および技能を有し、建築士に対して、高度化・複雑化した建築設備の設計・工事監理に関する適切なアドバイスを行えます。建築士法が改正され、ますます需要が高まっている資格です。

建築設備士コース
  • 建築設備士総合セット
  • 建築設備士学科講座
  • 建築設備士設計製図講座

宅建士

宅地建物取引士は、例年の受験者数が約20万人という、国家資格の中でもナンバーワンの人気資格。
当学院の講座なら、初めて宅建に挑戦される方でも、効率的なカリキュラムで基礎から無理なく知識を養成。
合格レベルの実力が確実に身につきます。

宅建士コース
  • 宅建パーフェクト総合セット
  • 宅建総合講座
  • 宅建合格重点講座
  • 宅建通信講座

インテリアコーディネーター

快適で魅力的な空間をデザインするインテリアコーディネーターは、住宅関連業界で人気の高い資格です。
当学院の講座なら、基礎から段階的にレベルアップし、確実に合格レベルの実力が身につきます。

インテリアコーディネーターコース
  • インテリアコーディネーター1次対策講座
  • インテリアコーディネーター2次対策講座